お葬式のお返し~粗供養品~

また、供養品のほかに忘れてはいけないのが粗供養品です。こちらは、最初にご紹介した通り葬儀を開いた側がお葬式に参列した人たちに渡すものです。お葬式に参加した人々は、香典としてお金を包み遺族に渡します。粗供養品というのは、そういった香典のお返しとして渡されるものです。返礼品とも呼ばれるもので、いくつかの呼び方がありますが、その1つが粗供養品です。

こういったものは葬儀に参列された人々に、当日返しとして同じ品物をお渡しすることが一般的です。しかし、もらう香典の額はさまざまなので中にはお金を多く包まれる参列者の方もいらっしゃいます。その場合、もらった額とお返しの内容が不釣り合いになってしまうことがあります。そういった際に、多く包んでもらった人には、日を改めて別にお礼をするという方法をとるのが主流となっているので覚えておきましょう。

粗供養品に何を選ぶのかは人それぞれですが、例えば海苔やハンカチ、お茶など、人を選ばずにあげられる日常生活の中で使用するものが選ばれる傾向にあります。どのようなものをお返しとして参列者の方々に贈るかを決める際には、葬儀会社にも相談することができるので、アドバイスを受けることも可能です。予算などを含めながら内容について話し合ってみると良いでしょう。