お葬式の供養品~供花~

供花といえば、お葬式に参加したことがある人ならば誰でも一度は見たことがある供養品の一つです。葬儀の祭壇の両脇の方に飾られている花がこの供養品の1つである供花で、お悔やみの気持ちをこめて贈られる生花です。以前は、2基を1対として贈るという習慣があったものの、最近では1基で贈られることも多くなりました。

お葬式に飾られる花といえば、白菊などを想像する方も多いかもしれませんが、最近は洋花なども用いられるようになってきています。供養品として供花を贈る場合には、葬儀を行う家が葬儀の依頼をしている葬儀会社に連絡をして、花を手配してもらうことが一般的です。それ以外にも、葬儀を行う場所の近くの花屋に注文をするという手段もありますが、中には外部の業者からの供花を受け入れないという葬儀会館もあるので、そういった点は確認しておく必要があります。

供花を贈る場合、一般的にはいくつかの種類があり、種類によって値段が異なります。贈る際には、予算にあったものを選ぶことができます。1基で送ることも主流になってきていることから、供花を贈る側の負担も軽減することが可能になりました。そのため、以前より供花を贈りやすくなってきています。