お葬式に関する粗供養品のマナー

喪主などになった際に、参列者にお返ししすることが常識となっている粗供養品ですが、贈る側になった時にいくつか注意しておきたい点もあります。参列してくれた人々に不快な思いをさせないためにも、お返しをする粗供養品の扱いには注意が必要です。

まず、粗供養品は不祝儀に贈るものですからあまり縁起の良いものだとは言えません。そのため、贈るものは形に残ってしまうようなものは避けた方が無難です。食べられるものや、日常生活で使う消耗品のように、頻繁に使用することでなくなってしまうもの、といったアイテムを選ぶようにしましょう。地域によって慣習や決まりなどがある場合もあるので、そういった場合は周りの年長者などの意見を聞いてから粗供養品を選ぶようにすると間違いないでしょう。

また、お葬式に参加し香典をいただいた方全員にお返しする粗供養品ですが、中には受け取りを拒否されてしまう場合もあります。参列されている方の中には職業的な問題で、粗供養品を受け取ることができないという方も存在します。そのような場合には、無理に押し付けず、後日別の方法でお礼をするという方向で進めていくといった配慮が必要になります。さまざまな形で感謝の気持ちを伝えることが大切です。